羽田八幡宮文庫

羽田八幡宮文庫

幕末、三河国渥美郡羽田村(現豊橋)の羽田八幡宮宮司であった羽田野敬雄(はだのたかお)は、学問に対する志が強く、初め本居大平、のち平田篤胤に入門して国学を学び、その普及に努めた。
維新の志士たちとの交流も深く、維新後は京都皇学所や豊橋藩皇学校教授を務め、国学の重鎮として活躍した。
羽田野敬雄
羽田野敬雄

自らの蔵書を基に、屋敷内に文庫を設立し、閲覧室や講義室を併設して広く学問を志す者に公開するなど、いちはやく近代的図書館の基礎を築いた。 羽田野敬雄が発起人となり、嘉永元年(1848)自らの蔵書を基に文庫を設立、寄贈を募るなどして順次充実を図り、閲覧室や講義室をも併設して、一般に広く公開した。 敬雄没後、文庫の蔵書が売却されたが、人々の努力によってその大部分が買い戻され、後に豊橋市図書館の所蔵となって文庫が開設された。 なお、平成15年(2003)度から10か年計画で、これら和装本の整備事業が進めらている。 参考資料『個人文庫事典II』より

羽田野敬雄と花田校区を中心とした歴史散策マップ (PDF:592KB)

羽田八幡宮文庫常設展(2階)
羽田八幡宮文庫常設展(2階)

羽田八幡宮文庫 デジタル版

羽田八幡宮文庫の蔵書は、羽田野敬雄が国学者平田篤胤の門下だったこともあり、国学、神道、史学、歌書、俳諧の資料が多数で、漢籍資料も所蔵している。
また、『解体新書』『機巧図彙』といった科学的な資料もある。
その他、敬雄自筆の書留類も多く、代表的なものは敬雄の日記『萬歳書留控』である。
さらに、いろいろな書籍からの抜書き敬雄の随筆、記録等を書き留めた『栄樹園聞見集』他を多数所蔵している。これらは、この地方の歴史・文化を調べる上で重要かつ貴重な資料である。

※羽田八幡宮文庫デジタル版は現在調整中です。公開までしばらくお待ちください。

資料

羽田野敬雄が宮司であり、国学者であったことから、神道や国学に関する資料が多いが、その他農業・医学・天文・語学・異国情報等多岐、広範囲にわたり、『解体新書』『蘭学階梯』等貴重なものをはじめ、約9,600冊からなる。
一方、敬雄は郷土への関心が高く、『三河国古蹟考』『三河国蚕糸考』『参河国官社私考』等多くの著作や、1811(文化8)年から1871(明治4)年までの61年間にわたる見聞記録『萬歳書留控』も含まれている。
参考資料「個人文庫事典II」より

平田先生授業門人姓名録 ※羽田野敬雄名 記載あり
平田先生授業門人姓名録 羽田野敬雄名 記載あり
大宮御所図
大宮御所図
内裏図
内裏図

資料 一部例

羽田文庫紅葉の図(鈴木拳山筆)
羽田文庫紅葉の図(鈴木拳山筆
羽田八幡宮文庫旧蔵本目録
羽田八幡宮文庫旧蔵本目録
1羽田文庫貸出箱(画像).JPG
羽田文庫貸出用箱(羽田八幡宮蔵)

貸出用箱の蓋の内側には貸出しの三ヶ条が書かれています。
内容は二部十巻、一月借用できる。汚してはいけない。
他郷の人は廡下(のきした)でみなさい等です。

1羽田野敬雄肖像画2.jpg

羽田野敬雄
「中外の諸典を積む」の書(三条実万卿筆)
「中外の諸典を積む」の書(三条実万卿筆)