豊橋市図書館アクセス
 
サイト内検索
 
 
トップページ > 本を探す> 羽田八幡宮文庫 デジタル版 

羽田八幡宮文庫 デジタル版

 
羽田八幡宮文庫の蔵書は、羽田野敬雄が国学者平田篤胤の門下だったこともあり、国学、神道、史学、歌書、俳諧の資料が多数で、漢籍資料も所蔵している。
また、『解体新書』『機巧図彙』といった科学的な資料もある。
その他、敬雄自筆の書留類も多く、代表的なものは敬雄の日記『萬歳書留控』である。
さらに、いろいろな書籍からの抜書き敬雄の随筆、記録等を書き留めた『栄樹園聞見集』他を多数所蔵している。これらは、この地方の歴史・文化を調べる上で重要かつ貴重な資料である。今回、利用頻度、歴史的価値、写本かどうか等の観点から、200冊を選び公開する。
羽田八幡宮文庫 デジタル版
 

羽田八幡宮文庫 一部例

羽田文庫紅葉の図
(鈴木拳山筆)
羽田八幡宮文庫旧蔵本目録羽田文庫貸出用箱(羽田八幡宮蔵)
貸出用箱の蓋の内側には貸出しの三ヶ条が書かれています。
内容は二部十巻、一月借用できる。汚してはいけない。
他郷の人は廡下(のきした)でみなさい等です。
羽田野敬雄「中外の諸典を積む」の書
(三条実万卿筆)