豊橋市図書館アクセス
 
 
トップページ > こどものページ> 図書館の使い方つかいかた 
図書館の使い方つかいかた
 
図書館はだれでも使うことができます。本だけでなく新聞やざっしを読むこともできます。
調べものをするときのお手伝いもします。探している本が見つからないときは、図書館の人に聞いてね。
 

あいている時間

中央図書館・向山図書館


大清水図書館

 

おやすみの日

中央図書館・向山図書館

月ようび、第4金ようび、年末年始、とくべつに決められた日
おやすみの日が祝日のときは、別の日がおやすみです。今月のおやすみは、おはなしのへやのカレンダーを見てください。
おはなしのへやのカレンダーはこちら

大清水図書館

月ようび、第4金ようび、年末年始、とくべつに決められた日
 

はじめて図書館をつかうとき

本をかりるには「貸出券(かしだしけん)」が必要です。
「貸出券」は赤ちゃんから作ることができます。作るには自分の住所・名前・誕生日がわかる保険証などを持ってきてください。
「貸出券」はずっと使うことができますので、なくさないようにしてください。
 

本をかりるとき

かりたい本と「貸出券」をカウンターに持ってきてください。
1人10冊まで、15日間借りられます。
読みたい本をほかの人がかりているときは、予約をすることができます。
 

本を返すとき

返す本をカウンターに持ってきてください。
図書館が閉まっているときは『へんきゃくポスト』に本を入れてください。『へんきゃくポスト』は中央図書館、向山図書館、大清水図書館にあります。ただし、ふろくのCDやDVDを一緒に借りているときは、かならずカウンターに返してください。
同じ貸出券で本をかりたり返したりできるところ
中央図書館・向山図書館・大清水図書館・こども未来館・青陵地区市民館・南部地区市民館・北部地区市民館・アイプラザ豊橋・二川地区市民館・石巻地区市民館・牟呂地区市民館
 

やくそく

図書館の本はみんなで読む本です。
大切にあつかってください。
本がやぶれていたり、ページがとれていたときは、自分でテープをはらずに図書館の人に教えてね。

本を返す日はまもってください。
ほかの人も読みたい本をまっています。

図書館は静かにすごすところです。
大きな声でしゃべったり、走ったりしないでください。

じどうしつのつくえやいすはゆずりあって使いましょう。
図書館の中で食べたり飲んだりしないでください。
本がよごれてしまいます。おうちでも気をつけてね。
 

じどうしつのようす


じどうしつのいりぐち


たくさんの本があるよ!
みんな来てね!!